AGAを治療【抜けない髪のために良いクリニックを見抜く!】

副作用について知る

生活習慣の改善とあわせて

プロペシアとは、フィナステリドを有効成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。 プロペシアは副作用もほとんど心配がいらない安全性の高い薬でありながら、効果も非常に高いのが特徴です。 プロペシアは、前立腺肥大の薬として開発されたフィナステリドの副作用に抜け毛防止がある事が分かり開発された薬です。 全ての脱毛症ではなく、前頭部や頭頂部が薄くなるAGAにのみ効果が期待出来る薬です。 プロペシアは1日1錠服用するだけで副作用もほぼ心配なく高い効果が期待出来るのですが、生活習慣の改善を合わせて行う事でより高い効果が期待出来るのです。 髪はたんぱく質などから合成されているので、良質なたんぱく質を摂取する事や適度な運動が効果的です。

薄毛対策の王道とトレンド

AGAになってしまった場合の対策として最も基本となるのがプロペシアの服用です。 これにより、乱れてしまったヘアサイクルを正常にして抜け毛を予防していくのですが、髪を発毛させると言う意味ではミノキシジルです。 ミノキシジルも副作用がほとんどない発毛剤なのですが、抜け毛を止めるプロペシアと発毛を促進するミノキシジルの併用が薄毛対策としては王道なのです。 しかし、最近では様々な対策方法がありこれらの治療に加えて行う人も多いです。 毛根の細胞を活性化させる注射を頭皮に直接打ったり、育毛サプリメントを使用したり、鍼治療なども人気です。 より高い効果や改善スピードなど、プロペシアだけでは満足の行かない人は試す価値があるのです。