AGAを治療【抜けない髪のために良いクリニックを見抜く!】

髪が薄くなったら

AGAは遺伝するのです

男性の場合、30歳代で薄毛になってきているのであれば、それはAGAの可能性があります。AGAは男性型脱毛症と言いますが、遺伝することも知られています。 昔から男性の薄毛は、隔世遺伝すると言われますが、もう少し詳しく言うと、それだけではないのです。確かに、母方の祖父母がX染色体上に遺伝情報を持っている場合は、隔世遺伝する可能性があるのですが、直接の父から遺伝することもあるのです。 そして、遺伝なんだから仕方がないと諦めてしまう人もいますが、現代ではAGAは病院で治療することもできますから、諦めないで病院に行って医師と相談してみましょう。また、できるだけ早いうちから病院に行けばそれだけ早く治ることになるのです。

男性型脱毛症の治療薬について

AGAの治療で用いられるフィナステリド製剤は、前立腺肥大症の治療実験中に偶然男性型脱毛症にも効果があることが判りました。これは、前立腺肥大症と男性型脱毛症の原因物質が同じであることを意味しています。 その原因物質と言うのが、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンからできた物質なのです。 ジヒドロテストステロンは、髪の毛を産み育てる毛母細胞を標的としてダメージを与えることから、髪の毛が育たなくなり、薄毛になるのです。そして、フィナステリド製剤はこのジヒドロテストステロンの生成を抑えることで抜け毛予防につながるのです。 ですから、病院に行ってAGAと診断を受けた上でフィナステリド製剤を処方してもらい、しっかりと治療しましょう。